Tetbow画像がForbes誌等で注目

eLife誌に発表した、嗅球僧帽細胞のTetbow標識画像(坂口君作)が、海外の複数の雑誌やサイトで2018年ベスト画像に選ばれました。 米国Forbes誌:Where To Find Some Of The Most …

もっと読む

スタッフ・ポスドク募集中

現在、スタッフ(准教授・講師・助教のいずれか)、ポスドク(特任助教)を募集しています(いずれも任期付、計1-2名程度)。 現在、神経回路解析のための革新的な技術の開発、およびこれを用いた大脳皮質のシナプス発達研究に従事す…

もっと読む

九大医学部・生命科学科紹介(受験生向け)

 日本人のノーベル賞受賞で注目されている基礎医学ですが、九州大学医学部には基礎医学研究者養成のための4年制のコース、「生命科学科」があります。医学科の学生と一緒に広く基礎医学を学んだあと、研究者になるためのトレ…

もっと読む

Rinberg博士来訪、Petur帰国、Denise参加

九大馬出キャンパスで開催された国際シンポジウムISMNTOP2018参加のため、ニューヨーク大のRinberg博士が来訪してくれました。 また、サバティカルで来ていたPeturがアイスランドに帰国しました(写真は相撲観戦…

もっと読む

藍原君ポスター賞

新学術領域「スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御」の班会議にて藍原君がポスター賞を受賞しました。おめでとうございます。

もっと読む

坂口君の論文がeLife誌に掲載

大学院生の坂口君の論文がeLife誌に掲載されました。シミュレーションはMarcusが担当しました。神経回路を明るくマルチカラー染色できる新しい手法Tetbowに関する内容です。 eLife論文はこちら:https://…

もっと読む

歓迎会

アイスランド大のProf. Petur Henry Petersenがサバティカルで研究室にやってきました。オランダマーストリヒト大学大学院のMarlieke van Erpが短期滞在学生として研究室に参加しました。また…

もっと読む
1 / 512345